WINフロンティア株式会社

ココロとカラダの健康測定サービス Lifescore(自律神経測定)
Healthcare Entertainment Company

Lifescore Quick(PC版)

指先の指尖脈波を測定するセンサを使って、約1分間で「ストレス・リラックス度」と「ココロの柔軟性」の2つの指標から、ココロのバランスをチェックするシステムです。お手持ちのPCにソフトをインストールして、ご使用いただけます。
※本システムは病気を診断するものではありません。

システム販売価格
  ・定価:250,000円(税別)
【含まれるもの】
・指センサ1台
・Lifescore Quickソフトウェア
・集計レポート生成用ソフト
・操作マニュアル
※PCはお客様にてご用意いただきます。

Lifescore Quick(タブレット版)

指先の指尖脈波を測定するセンサを使って、約1分間で「ストレス・リラックス度」と「ココロの柔軟性」の2つの指標から、ココロのバランスをチェックするシステムです。当社指定のAndroidタブレットにソフトをインストールした状態で、納品いたします。
※本システムは病気を診断するものではありません。

システム販売価格
  ・販売のケース:定価 270,000円(税別)
【含まれるもの】
・当社指定のAndroidタブレット1台
・指センサ1台
・Lifescore Quickソフトウェア
・集計レポート生成用ソフト
・操作マニュアル

 

Lifescore Quickとは?

Lifescore Quickとは、指先の脈波を測定するセンサを使って、約1分間で、「ストレス/リラックス度」と「ココロの柔軟性」の2つの指標から、ココロのバランスをチェックするシステムです。

タブレット端末上で、タッチパネル操作ができ、結果の見方もとても簡単なので、日常生活の中でのメンタルコンディションのセルフチェックに最適です。

測定結果の画面



ココロのバランスチェックシステムでは、脈波センサによる測定データから「ストレス・リラックス度」と「ココロの柔軟性」の2つの指標が 表示されます。測定結果は、左の図のように「理想ゾーン」「気が張っている」「落ち込んでいる」「気が緩んでいる」「高揚している」という領域に分類されます。

各指標の測定結果では「ストレス・リラックス度」、「ココロの柔軟性」、「カラダの元気度(トータルパワー)」と各指標の詳細が表示されます。
「ストレス・リラックス度」はオレンジ色の「ストレス度」と、水色の「リラックス度」が概ね均等にバランスしているのが良い状態です。
「ココロの柔軟性」は、高すぎるときは無理に周囲に合わせすぎている状態、低すぎるときは周囲とはあまり接したくない状態で、中央の「ちょうど良い」ゾーンが理想的です。

厚労省の提示するストレスチェックリストも実施可能

厚生労働省が提示するストレスチェックリスト(参照:厚生労働省「労働衛生行政におけるメンタルヘルス対策と原発作業員の健康管理について」P.65参照)をタブレット端末上で実施できます。その結果、「疲労」「不安」「抑うつ」のスコアが自動集計され、「高ストレス者」に該当するかがわかります。同時に、センサの測定データに基づく「疲労」「不安」 「抑うつ」のスコアも参考値として表示されますので、両結果を比較することで、セルフケアに役立てることができます。 ※両結果が一致するとは限りません。

  ※1日の中でも測定結果は変化しますので、継続的に測定することが重要です。

測定の原理

研究者の紹介

『ココロの柔軟性(精神的免疫力)』の研究者
               雄山 真弓教授の略歴・主な著作・論文

雄山 真弓教授
関西学院大学名誉教授、大阪大学大学院基礎工学研究科招聘教授。株式会社カオテック研究所所長。1963年東北大学理工学部卒業。博士(情報工学)。関西学院大学文学部総合心理科学科教授、コロンビア大学コンピュータサイエンス学科客員研究員などを経て現職。

主な著作

『心の免疫力を高める『ゆらぎ』の心理学』(祥伝社新書)
『クラウド時代のヘルスケアモニタリングシステム構築と応用』