Creative Mental View 々の小さな
クリエイティビティが
メンタルの鍵にな
記事

DAY1 イントロ① ~ クリエイティブ・メンタルマネジメントとは?

今日から、いよいよ「クリエイティブ・メンタルマネジメント」の学びを始めていきましょう!

 

「クリエイティビティ」というと、自分には関係ないと思う人もいるでしょうが、 本プログラムでいう「クリエイティビティ」は、誰もがその気になれば発揮できる「日々の小さなクリエイティビティ」(これを「リトルC」といいます。詳しくは、本プログラムで後述します)のことです。

 

下のピラミッド図を見てください。これが「クリエイティブ・メンタルマネジメント法」の全体像です。

 

このピラミッド図について説明すると、「小さなクリエイティビティ(リトルC)」が 鍵となって、「仕事のやりがい」、そして最終的には個人の「ウェルビーイング(幸福)」に つながることを示しています。このリトルCを発揮するための土台になるのが、「メンタル・リソース」です。 特に、「ポジティブ感情」と「活性」が大事です。この「メンタル・リソー ス」がある程度整うことで、「小さなクリエイ ティビティ(リトルC)」を発揮できるようになり、それが「 熱 中 」や「 没 頭 」といった「仕事のやりがい」につながるのです。

 

そして、この「クリエイティブ・メンタルマネジメント法」は今や大きな社会問題化している働く人のメンタルヘルスを改善していく上で、 重要な鍵になります。

 

アメリカのノーステキサス大学の研究者らは、クリエイティビティとウェルビーイング (幸福度)の関係に着目した26の研究結果を分析し、その関係性を明らかにしました。

 

その結果、日々の小さいクリエイティブな行動(リトルC)は、私たちのウェルビーイングを高めるのに効果的であることがわかりました。ただし、クリエイティブな発想だけでは効果は弱く、行動に移すことが大事だと判明しました。

 

例えば、いつもと違うお店でランチをしてみたり、週末につくったことのない料理をつくってみたり……。これらのちょっとしたクリエイティブな行動が蓄積されると、自信や達成感を高め、自己実現につながります。

 

本プログラムでは、前半は、クリエイティブ・メンタルマネジメント法の土台となる「メンタル・リソース」について学びます。その中心は「ポジティブ感情」と「活性」です。そして、後半は、「リトルCの実践」、「働きがい」、「ウェルビーイング」について学びます。

 

明日は、リトルCや、クリエイティビティと気分の関係について学びましょう!

ページの先頭へ